• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

腎臓内科・透析内科

診療内容・診療目標

 腎疾患全般に関して診療を行っており、以下のことを主に目標にしています。

1.慢性腎臓病(CKD)の積極的管理と透析回避時間の延長

 CKDは多くの方が治療の予備軍と考えられています。また、心血管病の重要な危険因子とされ、この積極的な介入が急務です。当院でもCKD教育入院、CKD外来などに力を入れ、進行を遅らせ合併症を減らすことを目標に取り組んでいます。
 CKD地域連携外来については、こちらをご覧ください。

2.治療や予防が可能な腎臓病への介入

 1)糖尿病性腎臓病(DKD):CKDの透析への移行の原疾患のトップは糖尿病性腎症を代表とする糖尿病関連の腎障害です。積極的な管理による腎障害の進展予防と合併症対策は腎臓の予後を改善する可能性があり、当院では糖尿病内科とともに積極的に取り組んでいます。
 2)IgA腎症:組織検査(腎生検)で重症化が予想される場合は積極的に治療を検討します。ステロイドパルス療法と、扁桃摘出手術を行っています。
 3)多発性嚢胞腎:腫大した腎に対してトルバブタンは機能を維持させる可能性があります。管理が大変なこともあり一部の施設で行っておりますが、当院での管理が可能です。

3.急性腎不全の管理・敗血症の血液浄化

 重症患者の腎不全の予後改善を目指して集中治療室での管理に参加しています。

4.腎移植へのかかわりについて

 腎不全診療の選択肢として今後も治療法の地域への浸透を図り、治療に際しては術前の透析やアフェレーシスを行います。また、透析前移植も腎不全教育に取り入れ選択肢を広げる努力をしています。

5.血液透析のさらなる管理の充実

 保存期管理、ブラッドアクセス(内シャント)作成、透析の導入と維持期の管理、合併症管理と全ての局面で最良の対応を行っています。高度な透析液清浄化を実現しています。

6.腹膜透析の普及

 腹膜透析も独立した腎代替療法の一つと考えます。それぞれの生活パターンに合わせて選択していただいております。

取り扱う主な疾患

1. 急性糸球体腎炎
2. 急速進行性糸球体腎炎
3. 慢性糸球体腎炎(IgA腎症、膜性腎症など)
4. ネフローゼ症候群
 (微小変化型、巣状糸球体硬化症など)
5. 慢性腎不全(CKDを含む)
6. 急性腎不全
7. 糖尿病性腎症
8. 高血圧
9. 電解質異常
 (ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど)
10. 慢性腎不全(維持血液透析)
11. 慢性腎不全(腹膜透析)
12. 急性中毒患者(血液浄化の適応)
13. 各種アフェレーシス
14. 急性血液浄化

症例実績

 入院症例は301人(2015年1月~12月)。内訳は透析導入49人、透析合併症入院が93人でした。また、透析の合併症入院で他科に入院したのは139人で血液浄化センターおよび集中治療室で透析管理を行いました。入院中の患者のコンサルテーションは191件(2015年1月~12月)で、電解質異常、急性腎不全、慢性腎不全コントロール中の方、急性血液浄化の適応のコンサルトでした。

手術実績

 当科での手術はほぼ全例ブラッドアクセスの手術です。年間120例前後の手術を行っています。内容は自己血管の吻合、人工血管の使用、動脈表在化、長期カテーテル留置、腹膜カテーテル留置、およびカテーテル抜去です。
 また、80件の内シャント血管拡張術を行っております。(2015年1月~12月)

学会発表・論文など(2019年度)

外来体制

診察ブロック
C
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前
  • ・鷲尾 昌一

    *非常勤

  • ・東 治道

    *再診のみ

    *紹介患者は要相談

  • ・松井 礼
  • ・古原 千明
  • ・坂井 健太郎
  • ・下村 有希子
午後 - - - -
  • ・松井 礼

    *CKD外来

    *要予約

    *再診のみ

-
診察ブロック
C
午前 午後
月曜
  • ・鷲尾 昌一

    *非常勤

-
火曜
  • ・東 治道

    *再診のみ

    *紹介患者は要相談

-
水曜
  • ・松井 礼
-
木曜
  • ・古原 千明
-
金曜
  • ・坂井 健太郎
  • ・松井 礼

    *CKD外来

    *要予約

    *再診のみ

土曜
  • ・下村 有希子
-

*診療受付時間は8時30分~11時30分まで。診察開始は9時からです。
*完全紹介電話予約制で、新患は事前の予約が必要です。
*北田医師の外来は、手術などの都合によりますので、事前にご相談ください。
*夜間救急は地域医療支援棟1階で受け付けます。

所属医師

東 治道

診療統括部門4 副院長/腎センター長/腎臓内科診療部長
東 治道ひがし はるみち

出身大学
広島大学
卒業年
1987年
所属医局
九州大学病態機能内科学腎臓研究室
専門医等の資格
学会役員等
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本腎臓学会指導医
  • ・日本腎臓学会腎臓専門医
  • ・日本透析医学会指導医
  • ・日本透析医学会透析専門医
  • ・日本急性血液浄化学会認定指導者
学会役員等
  • ・日本内科学会評議員
  • ・久留米市介護認定審査委員会(委嘱)
坂井 健太郎

腎臓内科主任医長
坂井 健太郎さかい けんたろう

出身大学
大分医科大学
卒業年
2005年
所属医局
久留米大学内科学講座腎臓内科部門
専門医等の資格
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本腎臓学会指導医
  • ・日本腎臓学会腎臓専門医
  • ・日本透析医学会指導医
  • ・日本透析医学会透析専門医
専門・研究分野
  • ・腎臓、透析医療
矢田 知隆

矢田 知隆やだ ともたか

出身大学
東京医科歯科大学
卒業年
2016年
所属医局
九州大学病態機能内科学腎臓研究室
専門医等の資格
  • ・緩和ケア研修会修了
久永 哲也

久永 哲也ひさなが てつや

出身大学
九州大学
卒業年
2017年
所属医局
九州大学病態機能内科学腎臓研究室
専門医等の資格
  • ・緩和ケア研修会修了
大田 修

大田 修おおた おさむ

出身大学
九州大学
卒業年
2019年
所属医局
九州大学病態機能内科学腎臓研究室
専門医等の資格
  • ・緩和ケア研修会修了

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ