• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

総合周産期母子医療センター

所属診療科

 新生児科、産科(産婦人科)

センターについて

  総合周産期母子医療センターは、妊娠中の母体から、生まれた新生児までを一貫して管理する施設で、母体・胎児集中治療室と新生児集中治療室から構成されております。母体・胎児集中治療室は周産期専門医を中心として、内科疾患合併症妊娠、重症妊娠高血圧症候群、切迫流・早産、胎盤の位置異常、胎児発育不全や胎児奇形などの胎児異常など、リスクの高い妊娠に対する医療を行っています。新生児センターは新生児専門医が中心となり、地域の産科施設で生まれた異常児の搬送、診断・加療、また、院内で出生の低出生体重児の治療、胎内で診断した形態異常の新生児について、出生前から、産科、新生児科、小児外科、形成外科等と連携し、生まれた後の加療計画を立て、新生児の救命、成長と発達にメディカルスタッフを含めチームで対応しています。
 筑後地区では久留米大学病院総合周産期母子医療センターと当センターの2カ所のセンターが存在することから、緊密に連携を取り、地域の需要に応えることを第一に考えています。

実績

分娩数および帝王切開症例数

全分娩数 646件(うち帝王切開 307件)

母体搬送(緊急母体搬送)

母体搬送 9件(聖マリアから院外へ)
救急母体搬送 209件(院外から聖マリアへ)

新生児入院数

新生児入院数 437件(院内出生 305件、院外出生 132件)

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ