• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

総合周産期母子医療センター

所属診療科

 新生児科、産科(産婦人科)

概要

 総合周産期母子医療センターは、妊娠中の母体・胎児から、生まれた新生児までを一貫して管理する施設で、母体・胎児集中治療室(MFICU)と新生児集中治療室(NICU)、回復期治療室から構成されています。母体・胎児集中治療室は、妊婦さんの中でも糖尿病などの内科疾患合併妊婦、妊娠高血圧症候群、切迫流・早産、胎盤の位置異常、胎児発育不全や胎児奇形などを有するリスクの高い妊婦さんを周産期専門医が中心となって診断、治療を行っています。ハイリスク母体から生まれた新生児やハンディキャップを持った新生児は、すぐに新生児科専門医が中心となり診察し、新生児集中治療室で管理を行っています。当院では、母体が入院するとともに産科のスタッフだけでなく、新生児のスタッフと情報を共有し、出生前の診断・管理、出生後の新生児の管理などについて、両方のスタッフで両親や家族への説明を行い、出生前から出生後まで家族に寄り添い、安心して産み、育てられる環境づくりに努力しています。また、新生児センターでは、地域の産科施設の要請で生まれた児に異常があった場合、ドクターカーで異常児をお迎えに行き、現地での応急処置、当院への搬送などを行っています。新生児センターでは、新生児科専門医を中心に、小児外科、心臓血管外科、形成外科、脳神経外科など関連診療科と連携して診療に当たっています。退院した後も安心して地域で生活できるよう、当院のメディカルスタッフ、地域の小児科、保健福祉センターなどの関係機関と連携しながら児の成長・発達を見守る活動をしています。
 筑後地区では久留米大学病院と聖マリア病院の2カ所に総合周産期母子医療センターが存在することから、両者が緊密に連携し、地域の周産期医療の向上に努めております。

実績

全分娩数:515件

 帝王切開数 :233件
 母体搬入  :185件 (院外から聖マリア病院へ)
 母体搬送  :  9件 (聖マリア病院から院外へ)

新生児入院数:382件

 院内出生  :221件
 院外出生  :161件

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ