• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

移植医療支援室

概要

 2010年7月に改正臓器移植法が施行され、全国で脳死下・心停止下の臓器提供が増加していますが、欧米や、お隣の韓国と比べてもはるかに少なく、移植で助かる命がわが国では失われているのが現状です。福岡県における救命救急医療の一翼を担う当院においては、既に4例の脳死臓器提供があり、今後、臓器提供を希望する重篤な患者さんが現れる可能性があります。一方、臓器提供の現場では、いかにして悲嘆にくれるご家族に寄り添い、患者さん本人やご家族の最後の希望を叶えることができるのか、医療スタッフの戸惑いも見られます。
 患者さんの尊い臓器提供意思を生かし、患者さん、そのご家族と医療スタッフを支援し、また他の臓器提供医療機関との連携関係の構築を目的として、2020年4月に移植医療支援室が設置されました。

移植医療支援室スタッフ
移植医療支援室のスタッフ

筑後地域に情報発信

 移植医療支援室は、常に患者さんに対し安全・安心な移植医療を提供するために、当院のみならず他の臓器提供施設との連携を強化し、臓器提供体制の構築行ないます。また、移植外科ならびにレシピエント移植コーディネーターと患者さん、そのご家族に対しての移植前後のサポートを提供します。病院内では、移植医療に携わる職員間の情報交換や連携を図り、移植医療がより身近な存在になるよう取り組みを行ないます。当室は、「臓器提供者」と「移植患者」の双方の立場で移植医療に関わるさまざまな共通の課題について取り組む体制をとっており、それらの情報を院内ならびに地域に発信し、移植医療の正しい情報や知識を筑後地域へ普及させることを目指します。

移植医療推進財団と協力

 移植医療は、「臓器を提供する人」と「移植を受ける人」の尊い二つの意思を結び合わせることで成り立っています。
 当室は当院の脳死下臓器提供管理委員会等と協力しながら、医療の限界のため残念ながら救命が果たせない患者さんご自身の臓器・組織提供に関わる希望を尊重し、かつ患者さんやご家族の意思を十分に生かすべくサポートを行ないます。レシピエント移植コーディネーターが各部門と連携を取りながら、移植治療希望の患者さん・ご家族の診療や心身のケアを実施します。また、「臓器・組織提供や移植医療について知りたい」などの質問に対しても、当院が一員として参画した「一般財団法人久留米・筑後移植医療推進財団」と協力して対応してまいります。

人生会議・終末期医療・臓器移植 アーカイブ

 移植医療支援室ではYouTubeチャンネルにて、移植医療に関する動画を配信しています。アーカイブはこちらよりご覧いただけます。

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ