• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

内視鏡センター

概要

 消化器・呼吸器内視鏡部門を「内視鏡センター」とし、消化器内科と呼吸器内科の医師が担当、経験豊富な内視鏡技師の資格を有する看護スタッフと共に、患者さんに適した検査・医療を提供いたします。ハイビジョンの鮮明な画像で最先端の機器を用いた内視鏡診断・治療を行い、年間約6000例に及ぶ消化管、膵臓・胆管、気管支などに対する内視鏡診断・治療全般を統括している部門です。内視鏡センターでは、全て個室化された検査室を4室有しており、大腸内視鏡の前処置室は個室2室を設け、安心して検査を受けていただく環境となっています。また検査・治療には全例炭酸ガスを使用し、検査中・検査後の腹満を軽減させ、苦痛の少ない検査を行っております。リカバリールームがセンター内にあるため、鎮静剤を使用し苦痛の少ない検査を行う事も可能です。内視鏡健診は聖マリアヘルスケアセンター(試験場駅前)で行っています。

 上部消化管内視鏡検査では、経鼻内視鏡を用いた身体への負担の少ない検査に対応が可能です。組織検査、色素散布、NBI画像による精密検査や、ピロリ菌感染の有無の検査を行っています。内視鏡による消化管拡張、消化管の良性・悪性疾患への内視鏡的切除術に加え、消化管出血への内視鏡的止血術などの緊急内視鏡的治療も行います。下部消化管内視鏡検査では、大腸ポリープが発見された場合、組織検査や色素散布での精査を行うだけでなく、その場でポリープを内視鏡的に切除する事も可能です。消化管出血への内視鏡的止血術、腸閉塞への減圧処置(内視鏡的イレウスチューブ挿入・内視鏡的ステント留置)、腸捻転への内視鏡的整復術など、緊急内視鏡的治療も行います。X線透視下に内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を行い、胆道・膵臓疾患の精査加療が可能です。内視鏡的胆管結石除去術による胆管結石治療や、内視鏡的胆管ステント留置術による減黄治療などの、内科的な胆道膵臓疾患の治療を行います。十二指腸乳頭の内視鏡的切開術や内視鏡的胆道ドレナージ術による、減黄・排膿治療は、緊急対応も行っております。

 本院は24時間体制の救急病院で、緊急検査の依頼も多く、多種の検査・治療を行っています。VPPシステムを導入し、機器・器具のより一層の充実を行い、また、スコープ類の患者さんごとの確実な洗浄・消毒を行うなどにより、患者さんの満足度や、サービスの質の向上に努め、地域における内視鏡センターとしての責務を果たしていく所存です。消化器内科医師常勤8人、呼吸器内科医師常勤6人で構成されています。

 2019年の検査件数は、上部内視鏡検査・治療が3484件、下部内視鏡検査・治療が2563件、内視鏡的逆行性膵胆管造影が362件、気管支鏡116件、カプセル内視鏡検査が65件でした。消化管出血に対する内視鏡的止血術は172件で緊急治療も行いながら、大腸ポリープ治療は432件、早期がんに対する粘膜下層剥離術は95件と特殊治療も行っております。

 上部・下部内視鏡検査で、ハイビジョン画像を使用し、病変の拾い上げと確実な診断を行うことに力を入れています。その上で、拾い上げた胃や大腸の腫瘍治療に、特に力を入れています。大腸腫瘍に対するpolypectomyと内視鏡的粘膜切除術(EMR)、早期胃がん・早期大腸がんに対して内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。地域医療でも信頼される基幹病院としての一翼を担うことに努めてまいります。検査と治療の両面で皆さまのお役に立てるよう、スタッフ一丸となり日々鋭意努力しております。

主な業務内容

上部消化管

 食道・胃カメラ・ポリペクトミー、止血術、食道・胃静脈瘤硬化療法、食道静脈瘤結紮術、食道・胃粘膜切除術、超音波内視鏡、胃瘻造設、異物摘出術、内視鏡的粘膜下層剥離術、経鼻内視鏡など

下部消化管

 大腸カメラ・ポリペクトミー、止血術、大腸粘膜切除術、超音波内視鏡、小腸内視鏡(バルーン内視鏡・カプセル内視鏡)など

膵・胆管系

 逆行性膵・胆管造影、十二指腸乳頭切除術、総胆管結石破砕術、内視鏡的経胆管ドレナージ 、内視鏡的逆行性胆道ドレナージ、内視鏡的逆行性胆嚢胆管ドレナージ、内視鏡的乳頭拡張術、ステント挿入など

気管支鏡

 内視鏡的肺生検、内視鏡的肺胞洗浄、気管支ファイバーなど

その他

 当センターでは「カプセル内視鏡」も取り扱っています。カプセル内視鏡とは、データレコーダーとセンサアレイを身体につけ、大きめのビタミン剤くらいのサイズをしたカプセル型検査装置を、水と一緒に飲み込みます。腰に取り付けたレコーダーに記録し、これをコンピューターで動画として解析します。カプセル内視鏡は使い捨てタイプで、排便時に自然に排出されます。患者さんの負担が少なく、小腸全体を観察することができます。

感染症対策に関するご案内

 内視鏡センターでは安心・安全に検査・治療を受けていただけるよう、以下の感染対策をおこなっています。皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

  • ● 患者さんには検査前にアルコール手指消毒にご協力いただきます。
  • ● 胃内視鏡検査を受けられる方は、口元に内視鏡カメラを通す穴の開いたマスクをご準備していますので着用をお願いします。大腸内視鏡検査を受けられる方は持参されたマスクを着用したまま検査を受けていただきます。
  • ● 検査室内に空気清浄機を設置しています。
  • ● 検査をおこなう医師・スタッフは、サージカルマスク、フェースシールド、医療用手袋、ガウンを着用しています。

センター内に設置した空気清浄機


胃内視鏡検査は専用のマスクを着用いただきます

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ