• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

患者さんの権利と責務および病院からのお願いについて

基本方針

 本院は「カトリックの愛の精神」のもとに、すべての人が持つ「基本的人権」を尊重し、人々の「幸福」を追求します。
 本院では、患者さんの診療を行うにあたり、患者さんご自身にも「診療チームの一員」としてご参加いただき、医療者と患者さんのお互いの信頼関係と協力のもとで診療を行いたいと考えております。

患者さんの権利

  • 1. 患者さんは、「良質で適切な医療を平等に継続して受けること」ができます。
  • 2. 患者さんは、「自分の病状や医療行為(治療内容など)について知ること」ができます。その場合、本院の医師、歯科医師、薬剤師、看護師等の医療者(以下、「医療者等」と表現します)は、「患者さんの病状や治療内容について可能な限り詳しく説明致します。一方、患者さんは「自己の病状や治療内容を知ることを放棄する(知らない)こと」もできます。
  • 3. 患者さんは、十分な説明ならびに情報の提供を受けた上で自由意思に基づき医療行為について「自分で選択・決定すること」ができます。「同意すること」や「同意を拒否すること」、同意した後に「同意を撤回すること」や「同意の変更を要求すること」もできます。
  • 4. 患者さんは、診断や治療方針について他の医療施設の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。
  • 5. 患者さんは、「本院の治療を拒否すること」ができます。
  • 6. 患者さんは、自分の診療に関する記録等の「情報の開示を求めること」ができます。また、患者さんや患者さんの家族および関係者の「個人的、公的情報の秘密は保護されます」(医療者等の守秘義務)。

患者さんの責務と病院からのお願い

  • 1. 患者さんは、良質な医療の提供を受けるために、ご自分の健康状態や病状等の情報をできる限り詳しく正確に医療者等に伝えてください。
  • 2. 患者さんは、納得のいく医療の提供を受けるために、検査や治療等の医療行為について説明を受け、十分な理解の上で医療に協力してください。
    理解できない場合は、理解できるまで質問して確認してください。
  • 3. すべての患者さんが快適な環境で適切な医療を受けることができるように、社会的ルールや病院の規則、職員の指示を守ってください。
    病院内では静粛にし、病院の設備・器物等は大切に取り扱ってください。
    病院敷地内は全面禁煙です。入院中はいかなる場合でも飲酒は禁止します。
    他の患者さんや職員に対する暴言・暴力等の迷惑行為は警察に連絡します。
  • 4. 患者さんや職員の個人情報保護のため、病院敷地内での撮影や録音、ブログ・Twitter等のSNSへの投稿は禁止します。
  • 5. 受けた医療に対し、診療費を遅滞なくお支払いください。
    医療を受けることは「医療契約(準委任契約)」を結ぶことで、患者さんには診療費支払い義務が生じます(民法656条、民法648条から650条) 。
  • 6. 医療専門職の教育や新しい診断・治療法を開発するための研究へのご協力をお願いします。

雪の聖母会臨床倫理委員会改訂
改訂 平成28年11月22日

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ