• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

臨床工学室(中央棟北6階)

概要

 臨床工学技士は医療の国家資格として、「医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とする」医療機器にかかる専門医療職で、生命の維持に欠かせない人の呼吸や循環、代謝といった機能を代行、補助する装置(血液浄化、人工心肺、補助循環、人工呼吸器など)の操作および管理を行っています。

人員

 臨床工学技士45人

 内訳:①ME室24人(機器管理部門6人、手術室・心臓カテーテル部門9人、ICU・浄化部門7人、高気圧酸素治療室2人派遣)

 ②透析・浄化・内視鏡部門21人(ヘルスケアセンターへ派遣5人を含む)

目標

  1. 1.ISO9001の品質マネジメントシステムに基づいた医療機器管理を実践する。
  2. 2.医療機器の安全を確保し。医療スタッフおよび患者へ安心感の提供に務める。
  3. 3.医療機器の購入から廃棄に至るまで、コスト意識を踏まえた管理を実践し、経営的側面に貢献する。
  4. 4.高度化、複雑化する医療機器に関して、院内スタッフへの教育を策定し、実践する。

2015(平成27)年度活動実績

  1. 1.医療機器中央管理実績
    1. (1)医療機器中央貸出:18,588回
    2. (2)保守点検:3387回(定期点検1,706回、臨時点検402回、修理975回、部品供給306回、オーバーホール
        16回)
    3. (3)医療機器新規登録台数:434台
    4. (4)医療機器廃棄登録台数:186台
    5. (5)医療機器安全管理部会実施 2回
  2. 2.手術室・心臓カテーテル部門
    1. (1)人工心肺症例:93例(成人症例54例、小児症例39例)
    2. (2)補助循環症例:39例(IABP 28例、VA-ECMO 9例、VV-ECMO 2例)
    3. (3)心臓カテーテル検査:543件(デバイスチェック422件、新規植え込み56件、アブレーション65件)
  3. 3.ICU・浄化部門
    1. (1)呼吸器関連:532件(非侵襲的陽圧換気124件、侵襲的陽圧換気369件、小児症例39件)
    2. (2)RST回診:90回
    3. (3)浄化件数:115名555回(HD80人、344回、CBP35名211回)
    4. (4)アフェレシス:30名107回(PE5人45回、DFPP3人3回、DHP6人7回、GCAP1人5回、LCAP5人22回、
        PBSCH3人4回CART7人21回)
  4. 4.透析・浄化・内視鏡部門
    1. (1)血液透析(HD):30,076回(聖マリアヘルスケアセンター含む)
    2. (2)内視鏡検査:2,938件(上部内視鏡2470件、下部内視鏡468件)
  5. 5.学会発表・著書・勉強会
    1. (1)国際学会 1学会、1演題
    2. (2)全国学会 9学会、17演題
    3. (3)地方学会 4学会、7演題
    4. (4)講演依頼 14回
    5. (5)論文執筆 1編
    6. (6)書籍執筆 3編

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ