• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

脳神経外科

診療内容・診療目標

 病院の運営方針にもある゛救命救急医療を通じ、断らない医療を推進する“という理念のもと、初期救急から3次救急まですべての依頼を断らないよう、すべての疾患に対応できるよう心がけております。その特徴か、頭部外傷や脳血管障害といった救急疾患に対しての手術が多くなっていますが、脳腫瘍や小児の疾患(髄膜瘤や先天奇形など)に対しても充実した設備(ナビゲーションシステムや術中の各種電気生理モニタリング、最新の画像構築ソフト)のもとに安全な手術を心がけて行っています。また、カテーテル手術も多く行っており、2009年から血管内治療専門医が常在し、徐々に症例数が増え、2015年度は100件を超える手術数がありました。最近ではハイブリッド手術室が導入され、手術室の中でカテーテル治療が行なえるようになりました。最新の血管造影機器(バイプレーン・フラットパネル)を用い、全身麻酔の症例はすべて麻酔科専門医による麻酔管理・指導のもとに安全に治療を行なっています。

取り扱う主な疾患

 当院では年間約10,000件の救急搬入があり、脳外科としても救急疾患がメインとなっています。特に頭部外傷と脳卒中が多く、なかでもクモ膜下出血は毎年年間60件前後の搬入件数があり、九州圏内でも有数の症例数と思われます。また、病院の特徴から小児の脳卒中も多く、破裂の脳動静脈奇形やモヤモヤ病といった脳血管奇形や先天疾患も多く見られます。最近ではこういった脳血管障害に対してのカテーテル治療を多く行い、2015年度は年間100件を超えるカテーテル手術件数がありました。初期救急から2次・3次救急まで幅広く診療しており、多くの場合は手術にならず、その場合は保存的(投薬加療)とリハビリテーションでの治療となります。リハビリテーションスタッフが充実しているのも特徴であり、早期リハビリ・早期復帰を目指して診療を行っています。

症例実績

※手術実績をご覧ください。

手術実績

 2015年(2015年1月~12月)の症例数、手術例数は以下の通りです。

学会発表・論文など

※2015年4月1日~2016年3月31日の実績です。

学会発表

講師派遣

外来体制

診察ブロック
A
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前
  • ・高橋 研二
  • ・中川 摂子
-
  • ・中川 摂子
-
  • ・坂井 英生
  • ・橋川 拓郎
-
午後 - -
  • ・橋川 拓郎

    *再診のみ

- - -
診察ブロック
A
午前 午後
月曜
  • ・高橋 研二
  • ・中川 摂子
-
火曜 - -
水曜
  • ・中川 摂子
  • ・橋川 拓郎

    *再診のみ

木曜 - -
金曜
  • ・坂井 英生
  • ・橋川 拓郎
-
土曜 - -

*診療受付時間は8時30分~11時30分まで。診察開始は9時からです。
*完全紹介電話予約制で、新患は事前の予約が必要です。
*北田医師の外来は、手術などの都合によりますので、事前にご相談ください。
*夜間救急は地域医療支援棟1階で受け付けます。

所属医師

髙橋 研二

脳神経外科診療部長
髙橋 研二たかはし けんじ

出身大学
北海道大学
卒業年
2000年
所属医局
久留米大学脳神経外科
専門医等の資格
  • ・日本脳神経外科学会専門医
  • ・日本脳神経血管内治療学会専門医
  • ・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
専門・研究分野
  • ・脳血管障害の外科的治療
  • ・脳血管内手術
中川 摂子

脳神経外科医長
中川 摂子なかがわ せつこ

出身大学
佐賀医科大学
卒業年
1988年
専門医等の資格
  • ・日本脳神経外科学会専門医
  • ・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
専門・研究分野
  • ・脳外一般
坂井 英生

坂井 英生さかい ひでき

出身大学
山口大学
卒業年
2008年
専門医等の資格
  • ・日本脳神経外科学会専門医
長田 優衣

長田 優衣ながた ゆい

出身大学
宮崎大学
卒業年
2010年
所属医局
久留米大学脳神経外科
大久保 卓

大久保 卓おおくぼ たく

出身大学
埼玉医科大学
卒業年
2014年
所属医局
久留米大学脳神経外科
上瀧 善邦

上瀧 善邦こうたき よしくに

出身大学
長崎大学
卒業年
2014年
所属医局
久留米大学脳神経外科

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ