• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

病理診断科

診療内容・診療目標

 病理診断科は中央診療支援部門として診療・医療に関わり、その主な業務は、病理組織診断、術中迅速診断、細胞診断や免疫染色などの諸検査ならびに病理解剖・診断です。

病理組織診断とは

 生検や手術などで採取した組織からプレパラート標本を作製し、顕微鏡で観察し診断します。必要に応じて免疫染色や遺伝子・染色体検査などを追加し検討します。

術中迅速診断とは

 手術中に採取した組織や細胞から簡易標本を作製し、迅速仮診断を行います。その結果により執刀医は手術方法の選択を検討します。

細胞診断とは

 種々の方法で採取した細胞(子宮頸部・内膜、気管支、喀痰、胸水、腹水、胆汁、尿、乳腺、甲状腺など)からプレパラート標本を作製し、顕微鏡で観察し診断します。当科の医師と細胞検査士の資格を持った病理検査室の臨床検査技師が連携して診断を担当します。

病理解剖とは

 入院中に病死された患者さんのご遺体を、ご遺族の承諾のもとに解剖させていただきます。生前の臨床診断の妥当性や治療効果の評価、最終的な死因の解明などが目的です。

診療科の目標

 正確な組織診断・細胞診断は的確な臨床診断と適切な治療方針の選択に直結します。そのために院内外の各分野の専門家と密に連携して臨床医に役立つ情報を提供し、患者さんの利益に貢献することを目指します。また、迅速で正確な診断で患者さんの在院日数の短縮に貢献できるように努めます。
 正確で迅速な診断や病理解剖は「病院の医療の質」を担保する重要な指標と考えます。

取り扱う主な疾患

上部消化管下部消化管子宮頸部・体部胎盤卵巣腎臓、尿管、膀胱前立腺、精巣、乳腺皮膚、軟部組織、肝臓胆嚢膵臓、脾臓、甲状腺、副甲状腺、副腎、肺・気管支、胸腺、口腔粘膜鼻腔・副鼻腔、唾液腺、リンパ節・造血器、脳、骨・軟骨、関節、大動脈・血管心臓弁、心筋など

 当科は消化器疾患、婦人科疾患、血液・リンパ節疾患を得意分野としていますが、取扱いの対象は当院の診療科で扱うすべての疾患です。特に太字の臓器は当院で比較的多く取り扱われている領域です。なお、個別の症例数は各科の診療実績をご参照ください。
 高い専門性を要求される疾患や診断困難症例は必要に応じて久留米大学、産業医科大学、九州大学、国立がんセンターほか、専門家に積極的なコンサルトを行い、より正確で詳細な診断や情報が得られるように努めています。

症例実績

1. 病理組織診断:6688症例
 (1) 手術:2442症例(そのうち悪性腫瘍:542症例)
 (2) 消化管内視鏡関連:2348症例
   ① 生検:2076症例
   ② ポリペクトミー・ESD・EMR:272症例
 (3) その他:1898症例

2. 術中迅速診断
 (1) 術中迅速組織診断:113症例
 (2) 乳腺センチネルリンパ節転移検査(OSNA法):37症例

3. 免疫組織染色検査:1057症例

4. 腎臓電子顕微鏡検査:19症例

5. 細胞診断:8898症例
 (1) 婦人科:7259症例
 (2) 呼吸器:296症例
 (3) 泌尿器:499症例
 (4) 体腔液:327症例
 (5) 乳腺:27症例
 (6) 甲状腺:30症例
 (7) リンパ節:69症例
 (8) 髄液:166症例
 (9) 胆汁・膵液など:41症例
 (10) その他:184症例

6. 分子標的治療薬関連検査
 (1) 乳癌Her2検査:80件(IHC法:54件、FISH法:26件)(FISHは外注)
 (2) 胃癌Her2検査:49件(IHC法:43件、FISH法:6件)(FISHは外注)
 (3) 乳癌ホルモンレセプター検査(IHC法):59症例
 (4) 大腸癌EGFRタンパク検査(IHC法):0症例
 (5) 肺癌EGFR遺伝子検査:86症例
 (6) 肺癌ALK検査(FISH法):37症例(外注)
 (7) 大腸癌RAS遺伝子検査:12症例(外注)
 (8) 成人T細胞白血病リンパ腫CCR4タンパク検査(IHC法):2症例(外注)

7. 悪性リンパ腫関連染色体検査:40症例

8. 病理解剖:27体

9. その他の活動(カンファランス活動)
 (1) 臨床病理検討会(総合CPC)(月1回)
 (2) 消化器カンファランス(週1回)
 (3) 乳腺カンファランス(月2回)
 (4) 呼吸器カンファランス(月1回)
 (5) 腎移植生検カンファランス(月1回)

手術実績

※手術実績はありません。

学会発表・論文など

※2015年4月1日~2016年3月31日の実績です。

学会発表

著書・論文

外来体制

※外来診療は行っておりません。

所属医師

檜垣 浩一

中央臨床検査センター副センター長/病理診断科診療部長
檜垣 浩一ひがき こういち

出身大学
久留米大学
卒業年
1993年
所属医局
久留米大学病理学講座
専門医等の資格
  • ・日本病理学会病理専門医
  • ・病理専門医研修指導医
  • ・日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • ・日本臨床細胞学会教育研修指導医
  • ・日本臨床検査医学会検査管理医
  • ・死体解剖資格認定
学会役員等
  • ・日本病理学会評議員
専門・研究分野
  • ・外科病理一般
  • ・肝臓
木村 芳三

病理診断科主幹
木村 芳三きむら よしぞう

出身大学
久留米大学
卒業年
2000年
所属医局
久留米大学病理学講座
専門医等の資格
  • ・死体解剖資格認定
  • ・日本病理学会病理専門医
  • ・日本血液学会認定血液専門医
  • ・日本血液学会認定血液指導医
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本臨床細胞学会細胞診専門医
学会役員等
  • ・日本病理学会評議員
専門・研究分野
  • ・血液腫瘍

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ