• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

栄養管理指導室

人員体制

 管理栄養士12人(病態栄養管理栄養士4人、日本糖尿病療養指導士1人、栄養サポート専門療養士2人、栄養経営士1人)、栄養士3人、調理師14人、調理員3人、委託職員51人(一部委託:調理業務、下処理業務、食器洗浄業務、配膳車運搬/全面労務委託:聖母の家・聖母病棟厨房13人)

             

目標

  1. 1.ISO9001の認証に基づく患者満足度の向上
    入院患者さんの食事アンケートを行い、献立を見直し、患者さんの満足度向上に繋げます。
  2. 2.ISO9001の認証に基づく品質管理の維持・向上
    新厨房移転に向けて、情報収集を行い、安全な食事を提供できる体制を構築します。
  3. 3.入院患者の栄養管理の充実
    入患患者の栄養状態を把握し、病態に応じた適切な食事提供、栄養教育を行います。
  4. 4.地域医療機関と連携した栄養指導の展開
    栄養指導外来の充実、減塩教室の取り組みの体制を構築します。
  5. 5.給食管理・栄養管理における質の向上
    入院患者さんの病状に応じた適切な食事を提供するために、院内外の多職種に食事への理解をしてもらう勉強会を実施します。
             

給食管理

 HACCPに基づいた衛生管理のもと、病態管理された美味しい食事を提供しています。

  1. 1.配膳時間
    朝食8:00、昼食12:00、夕食18:00
  2. 2.約束食事箋 一般食55食種、治療食93食種(成分栄養別)
  3. 3.2015年度月平均食事提供数
    病院側:一般食1011食/日平均(59%)、治療食21229食/日平均(41%)
    聖母病棟:一般食107食/日平均(30%)、治療食203食/日平均(70%)
  4. 4.2015年度個別対応食年間のべ提供数
    1. (1)アレルギー個別対応食 5475食
    2. (2)すこやか食 10433食(化学療法中の患者対応食)
    3. (3)選択食提供 週3回(火・木・土)朝・昼のA食とB食を提供しています。2015年度2015食/月平均
    4. (4)行事食の提供 15回/年(メッセージカード付き)
    5. (5)産科お祝い御膳 695食/年
    6. (6)ホスピス特別メニュー提供食数15食
  5. 5.病棟訪問
    栄養士、調理師が月1回訪問し、患者さんの喫食状況や食事のご意見を伺い、喫食状況の把握や献立作成に反映させています。
  6. 6. 嗜好調査・適時適温調査
    入院患者さんの食事満足度の評価、献立改善を目的に実施しています。
    1. (1)嗜好調査実施   2015年10月20日~24日実施
    2. (2)適時適温調査実施 2015年10月6日実施
             

栄養管理

  1. 1.2015年度栄養管理計画書
    アセスメント1333/月平均、モニタリング274/月平均
  2. 2.2015年度栄養食事指導
    主治医位の指示により、患者さんの病態と生活環境にあった栄養食事指導を行っています。個人・集団教室の栄養食事指導は、入院・外来とも予約制です。
    1. (1)入院中の患者さんを対象とした栄養食事指導
      1. ①個人栄養食事指導 373件
        病態に応じた食事療法について、食品構成の提示、食事療法の継続的支援を行っています。
      2. ②糖尿病教育入院 集団栄養食事指導146件、個人栄養食事指導271件
        糖尿病とうまく付き合っていけるよう、多職種と連携した指導を行っています。
      3. ③腎臓病教育入院 集団栄養食事指導8件、個人栄養食事指導15件
        透析を回避するために、主治医、看護師と連携し、食事栄養指導や退院後の食事療法支援として、治療用特殊食品使用した調理実習を行っています。
      4. ③循環器教室 集団教室栄養食事指導131件
        医師、保健師、管理栄養士による心臓病についての保健指導や食事療法の指導を行っています。
    2. (2)外来の患者さんを対象とした栄養食事指導
      1. ①個人栄養指導 2157件
        病態に応じた食事療法について、食品構成の提示、食事療法の継続的支援を行っています。また、糖尿病透析予防や特定健診などの多職種と連携した栄養食事指導も行っています。
      2. ②外来糖尿病教室 34件
        毎月第2土曜日に医師、保健師、薬剤師、検査技師、運動療養士、管理栄養士の多職種で指導を行っています。教室では食事のマリア方式食べ方を医師の講話を交え、昼食を提供しています。
      3. ③新生児栄養指導 696件
        母子総合医療センターでは、新生児の退院後初健診時に栄養状況の確認と家族の不安を軽減する為に栄養指導をしています。
             

チーム医療

 栄養サポート回診をはじめ、緩和ケア回診、褥瘡回診等、担当管理栄養士による早期に栄養不良の患者さんの抽出や栄養マネジメントを支援しています。

  1. 1.2015年度栄養サポートチーム実績
    回診件数972件、依頼件数478件
             

国際保健センター依頼事業による健康教室

 事業所の健保組合からの依頼による健康教室に管理栄養士が食事療法の講話を行っています。

             
臨床栄養勉強会

 食事療法の理解を得るため、院内外の多職種へ勉強会を開催しています(2015年度は6回開催)。

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ