• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

眼科

診療内容・診療目標

 眼科疾患全般にわたり4人の常勤医師で診療を行っています。外来診療は月曜日から土曜日まで行っており、火曜日と木曜日が定例の手術日です。白内障をはじめ、網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑円孔、緑内障など様々な眼疾患に対する手術を行っていますが、穿孔性眼外傷など緊急性が高いものについては昼夜を問わず手術ができる体制となっています。
 網膜硝子体疾患に対する硝子体手術が得意分野であり、もっとも力を注いでいます。手術用顕微鏡ZEISS Lumera 700、広角眼底観察システムResight、サージカルガイダンスシステムCALLISTO eye、硝子体手術装置Constellation、白内障手術装置CENTURION、その他最新のテクノロジーを用いて、侵襲の少ない安全な手術、安定した手術成績を提供したいと考えています。
 2015年10月より眼科専用手術室2部屋を使って手術を行っていますが、手術までの待ちは2ヵ月から4ヵ月です。
 今まで以上に侵襲の少ない安全な手術、安定した手術成績を提供したいと思います。少しずつ症例を増やし地域医療に貢献できればと思います。

夜間休日の対応

 眼科は時間外診療を行っていません。失明の恐れのある緊急の症例等のみオンコール対応となります。

取り扱う主な疾患

 白内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑前膜、黄斑円孔、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、加齢黄斑変性症、増殖硝子体網膜症、緑内障、眼外傷、翼状片、角膜潰瘍、ぶどう膜炎、未熟児網膜症、斜視、弱視など。

症例実績

※手術実績をご覧ください。

手術実績

手術症例数:1,352例(2017年4月1日~2018年3月31日)

 硝子体手術が得意分野であり、全体の1/4を占めているのが特徴です。
 手術件数は年々増加していますが、2015年度ははじめて1000例を超えました。年度途中から眼科専用手術室2部屋を並列で利用できる環境が整いました。急患に対応しやすくなっただけでなく、さらなる手術件数の増加が期待できます。

[内訳]

※2015年度の実績はありません

外来体制

診察ブロック
G
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前
  • ・指原 裕之
  • ・岡村 寛能
  • ・原田 一宏
  • *診察医は定期的に交代します

  • ・岡村 寛能
  • ・松本 拓
  • *診察医は定期的に交代します

  • ・指原 裕之
  • ・松本 拓
  • ・伊崎 亮介
  • ・指原 裕之 

    *第1.3週

  • ・岡村 寛能 

    *第1,3,5週

  • ・松本 拓 

    *第2.4.5週

  • ・原田 一宏 

    *第2,4,5週

診察ブロック
G
午前
月曜
  • ・指原 裕之
  • ・岡村 寛能
  • ・原田 一宏
火曜
  • *診察医は定期的に交代します

水曜
  • ・岡村 寛能
  • ・松本 拓
木曜
  • *診察医は定期的に交代します

金曜
  • ・指原 裕之
  • ・松本 拓
  • ・伊崎 亮介
土曜
  • ・指原 裕之 

    *第1.3週

  • ・岡村 寛能 

    *第1,3,5週

  • ・松本 拓 

    *第2.4.5週

  • ・原田 一宏 

    *第2,4,5週

*診療受付時間は8時30分~11時30分まで。診察開始は9時からです。
*夜間救急は地域医療支援棟1階で受け付けます。

所属医師

指原 裕之

眼科診療部長
指原 裕之さしはら ひろゆき

出身大学
佐賀医科大学
卒業年
1996年
所属医局
福岡大学眼科
専門医等の資格
  • ・日本眼科学会眼科専門医
学会役員等
  • ・福岡大学臨床教授
上野 智弘

上野 智弘うえの ともひろ

出身大学
福岡大学
卒業年
2011年
所属医局
福岡大学眼科
専門医等の資格
  • ・日本眼科学会眼科専門医

鈴木 脩司すずき しゅうじ

出身大学
福岡大学
卒業年
2014年
所属医局
福岡大学眼科
下川 亜沙美

下川 亜沙美しもかわ あさみ

出身大学
広島大学
卒業年
2015年
所属医局
福岡大学眼科

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ