• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

小児科

診療内容・診療目標

診療目標

 子ども達の“いのち” に向き合い、そして寄り添う小児救急医療を行っています。久留米地区を中心とした福岡県南部という1つの医療圏において、24時間365日対応可能な中核病院であり続けます。

診療科の特徴

脳低温療法
 特にけいれん重積発作を主訴とする急性脳症・脳炎、細菌性髄膜炎などの急性中枢神経疾患は当院に集中しています。小児集中治療室における脳低温療法や急性血液浄化療法は、脳蘇生における重要な治療戦略として行っています。


親と子の“こころ”の対話
 また要支援・要保護児童を含む、何らかの社会的介入が求められるケースの対応が必要とされています。漢字の”心”ではなく”こころ” 臓器としての”心臓”ではなく”こころ” と向き合い、そして子どもの代弁者として寄り添う医療、つまり聖マリア病院小児科における医療の原点と考えます。地域の医療機関が密に連携を行い、地域全体で子ども達の健全な発育を支える体制を構築することで、より良い小児医療を提供し続けます。

小児総合研究センター・レット症候群研究センター

 小児総合研究センター・レット症候群研究センターは、当科の松石豊次郎医師がセンター長を務め、小児科、新生児科のほか、さまざまな診療科のコンサルや脳波判読の勉強会を行っています。
 そのほか、国の難治性疾患(難病)に指定され、自閉症や最重度の知的障害、てんかん、特有の常同運動(手もみ動作)を主徴とする進行性の神経発達障害「レット症候群」の治療法開発に向けた研究も行っています。
 詳しくはこちらのページをご覧ください。

取り扱う主な疾患

 気管支喘息、急性肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎、急性腸炎、川崎病、熱性けいれん、てんかん、急性脳炎・脳症、腎または尿路の感染症、アレルギー性紫斑病など。

症例実績

2015年度入院患者内訳(上位疾患)

2012-15年度 救急搬入件数(救急車)

 2015年度の夜間救急外来を含む外来患者数は 38,978人、1日平均すると100人以上受診されています。救急車搬入は年間1,200件を超え、今後も増加する事が予想されます。紹介患者数は着実に増加傾向を示し、年間1,943人、1日平均は5人以上紹介受診されています。入院患者数は年間 1,396人にのぼり、平均在院日数は6.5日間で小児病棟・ICUはフル活動しています。

手術実績

 ※手術実績はありません。

学会発表・論文など

※2015年4月1日~2016年3月31日の実績です。

学会発表

講師派遣

著書・論文

外来体制

診察ブロック
小児総合
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前
  • ・大部 敬三
  • ・倉田 悟子
  • ・海野 聡子

    *非常勤

  • ・大部 敬三
  • ・秋田 幸大
  • ・海野 聡子

    *非常勤

    *第2,4週

  • ・秋田 幸大
  • ・倉田 悟子
  • ・非常勤医師
  • ・秋田 幸大
  • ・倉田 悟子
  • ・永光 信一郎

    *非常勤

    *神経

    *新患

    *月1回

    *第2木曜

  • ・大部 敬三
  • ・倉田 悟子
  • ・大部 敬三
  • ・秋田 幸大
午後
(予約制)
  • ・各担当医
  • ・岡松 由記

    *非常勤

    *アレルギー

    *月2回

  • ・岩谷 麻実

    *非常勤

    *アレルギー

    *月2回

  • ・各担当医
  • ・各担当医
  • ・財津 亜友子

    *非常勤

    *腎臓

    *月2回

  • ・各担当医
  • ・各担当医
  • ・各担当医
診察ブロック
小児総合
午前 午後
(予約制)
月曜
  • ・大部 敬三
  • ・倉田 悟子
  • ・海野 聡子

    *非常勤

  • ・各担当医
  • ・岡松 由記

    *非常勤

    *アレルギー

    *月2回

  • ・岩谷 麻実

    *非常勤

    *アレルギー

    *月2回

火曜
  • ・大部 敬三
  • ・秋田 幸大
  • ・海野 聡子

    *非常勤

    *第2,4週

  • ・各担当医
水曜
  • ・秋田 幸大
  • ・倉田 悟子
  • ・非常勤医師
  • ・各担当医
  • ・財津 亜友子

    *非常勤

    *腎臓

    *月2回

木曜
  • ・秋田 幸大
  • ・倉田 悟子
  • ・永光 信一郎

    *非常勤

    *神経

    *新患

    *月1回

    *第2木曜

  • ・各担当医
金曜
  • ・大部 敬三
  • ・倉田 悟子
  • ・各担当医
土曜
  • ・大部 敬三
  • ・秋田 幸大
  • ・各担当医

*診療受付時間は8時30分~11時30分まで。診察開始は9時からです。
*完全紹介電話予約制で、新患は事前の予約が必要です。
*北田医師の外来は、手術などの都合によりますので、事前にご相談ください。
*夜間救急は地域医療支援棟1階で受け付けます。

所属医師

大部 敬三

診療統括部門2 副院長
大部 敬三おおぶ けいぞう

出身大学
久留米大学
卒業年
1981年
所属医局
久留米大学小児科学教室
学位(取得大学)
医学博士(久留米大学)
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
  • ・日本小児科学会小児科指導医
学会役員等
  • ・日本小児救急医学会代議員
専門・研究分野
  • ・小児総合診療
  • ・小児腎臓、水・電解質
松石 豊次郎

小児総合センター長/レット症候群研究センター長
松石 豊次郎まついし とよじろう

出身大学
久留米大学
卒業年
1975年
学位(取得大学)
医学博士(久留米大学)
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
  • ・日本小児神経学会小児神経専門医
  • ・日本小児精神神経学会認定医
学会役員等
  • ・日本小児科学会代議員
  • ・福岡県小児保健研究会代議員
専門・研究分野
  • ・小児科全般
  • ・小児神経
  • ・レット症候群、発達障害
秋田 幸大

救命救急センター副センター長/小児科診療部長
秋田 幸大あきた ゆきひろ

出身大学
久留米大学
卒業年
1996年
所属医局
久留米大学小児科学教室
学位(取得大学)
医学博士(久留米大学)
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
専門・研究分野
  • ・小児総合診療
  • ・小児内分泌
河野 剛

小児科主任医長
河野 剛かわの ごう

出身大学
久留米大学
卒業年
1998年
所属医局
久留米大学小児科学教室
学位(取得大学)
医学博士(久留米大学)
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
  • ・日本小児科学会小児科指導医
専門・研究分野
  • ・小児救急集中治療
  • ・急性脳症・脳炎
  • ・脳保護療法
日高 智子

日高 智子ひだか ともこ

出身大学
大分大学
卒業年
2003年
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
今城 透

今城 透いまぎ とおる

出身大学
高知大学
卒業年
2005年
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
横地 賢興

横地 賢興よこち たかおき

出身大学
久留米大学
卒業年
2006年
所属医局
久留米大学小児科学教室
学位(取得大学)
医学博士(久留米大学)
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
  • ・日本小児科学会小児科指導医
須田 正勇

須田 正勇すだ まさお

出身大学
久留米大学
卒業年
2007年
所属医局
久留米大学小児科学教室
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
松下 美由紀

松下 美由紀まつした みゆき

出身大学
宮崎大学
卒業年
2009年
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
松石 登志哉

松石 登志哉まついし としや

出身大学
久留米大学
卒業年
2011年
所属医局
久留米大学小児科学教室
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
安田 亮輔

安田 亮輔やすだ りょうすけ

出身大学
久留米大学
卒業年
2011年
所属医局
久留米大学小児科学教室
専門医等の資格
  • ・日本小児科学会小児科専門医
三浦 真理子

三浦 真理子みうら まりこ

出身大学
杏林大学
卒業年
2013年
所属医局
久留米大学小児科学教室
木村 拓郎

木村 拓郎きむら たくろう

出身大学
久留米大学
卒業年
2014年
所属医局
久留米大学小児科学教室
矢野 庄一郎

矢野 庄一郎やの しょういちろう

出身大学
川崎医科大学
卒業年
2015年
所属医局
久留米大学小児科学教室
阪田 健祐

阪田 健祐さかた けんすけ

出身大学
久留米大学
卒業年
2015年
所属医局
久留米大学小児科学教室

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ