• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

核医学診療科

診療内容・診療目標

 臨床核医学検査の全領域を院内各科、院外からの依頼に基づき広く行っています。心臓関係、脳神経系、腫瘍関連が検査の大半を占めています。2014年3月から、DaTSCANによる脳線条体SPECT検査も実施しており、パーキンソン病やレビー小体病の診断に威力を発揮しています。院外からは、骨シンチグラフィ(前立腺がんや乳がん例)や脳血流SPECT(アルツハイマー病の早期診断目的)などが特に多く依頼されています。PET/CTは現在、がん診療に欠かせない検査になっていますが、これも院外からの依頼を受ける機会が多くなりました。がん以外では、アルツハイマー病診断用のPET製剤が近々発売されます。導入を目指しています。
 このほか、聖マリアヘルスケアセンター国際保健センターと共同でPET/CTによる総合がん検診にも力をいれています。
 診断のほか、当検査室は放射性薬品を用いた内用療法の施設基準も満たしており、その診療(骨転移による疼痛の緩和を目的としたメタストロン治療と悪性リンパ腫の放射免疫療法、ゼバリン療法)も行っています。福岡県南では、実施可能な施設がきわめて限られているため、院内のみならず院外からの症例も広く受け入れています。また、2016年11月からは、去勢抵抗性前立腺がんの骨転移の治療薬ゾーフィゴを導入します。本剤は骨転移の治療薬として認可されたものであり、骨転移の予後の改善が期待されています。

取り扱う主な疾患

診断面

 主なものとして脳血管障害、認知症(アルツハイマー病、レビー小体病など)、パーキンソン病などの神経疾患、心筋梗塞や狭心症などの虚血性疾患、バセドー病や橋本病などの代謝疾患、全身性骨転移やPETによる全身の腫瘍病変など。

治療面(内用療法)

 ゼバリンによる悪性リンパ腫の放射免疫療法、メタストロンによる疼痛緩和、去勢抵抗性前立腺がんの骨転移の治療。

症例実績

 一般核医学検査1246 件(入院422件、外来824件)、PET/CT検査539件(一般診療430件、検診109件)の検査を行いました。一般検査の内訳は心臓406件、脳405件、骨309件が主なところです。前年度との対比では、心臓関係の検査が入院でやや減少しています。他には大きな変化は見られません。
 PET/CT検査は大半が腫瘍検索を目的としたものでしたが、保険適応の拡大された心サルコイドーシスの4件もおこないました。

 放射性医薬品を用いた内用療法として
メタストロンによる癌性疼痛緩和療法 3人
悪性リンパ腫のゼバリン放射免疫療法 1人
を施行しました。

手術実績

※手術実績はありません。

学会発表・論文など

※2015年4月1日~2016年3月31日の実績です。

著書・論文

外来体制

※外来診療は行っておりません。

所属医師

桂木 誠

桂木 誠かつらぎ まこと

出身大学
九州大学
卒業年
1978年
所属医局
九州大学放射線科
専門医等の資格
  • ・日本医学放射線学会専門医・放射線診断専門医
  • ・日本核医学会専門医
  • ・PET核医学認定医
学会役員等
  • ・日本核医学会九州地方会評議員
専門・研究分野
  • ・臨床核医学診断全般
  • ・核医学内用療法

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ