• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

輸血科

診療内容・診療目標

 輸血は、骨髄抑制のために不可能と思われていた強力な化学療法や、大量の出血が予想されるため断念していた手術、大量の血漿を必要とする血漿交換などの治療を可能にしてきました。しかし輸血にはウイルス感染をはじめとする種々の感染症や、免疫反応など、時には命にかかわる副作用があり、患者さんが安全で効果的な輸血を受けるためには、献血から始まって、種々の検査、血液の搬送や保管・管理、副作用の防止や発症時の迅速な対応など多くの体制を整備し、それらを有機的に運営する必要があります。一方、輸血用の血液はすべて献血で賄われているため量に限りがあり、さらに高齢化社会の到来で血液の確保は困難な状況になりつつあり、輸血血液の有効利用と適正な輸血の実践が叫ばれています。
 輸血科は、病院全体の輸血医療にかかわる種々の業務を一貫して引き受け、安全で効果的で適正な輸血を推進する部門です。さらに輸血に関する情報を各科に提供したり、輸血に関する相談に乗ったり、輸血に関する知識を広めたりして、 安全な輸血と輸血用血液の有効利用をバランスよく実践する部門でもあります。輸血科は、診療支援部門として、臨床検査室と協力し、質の高い輸血医療の実践に取り組んでいます。

取り扱う主な疾患

 聖マリア病院での輸血量は福岡県内で5指に数えられ、輸血を受ける患者さんの数は年間約1400人にのぼります。 輸血科では臨床検査室から専従技師3人の派遣を受け、患者さんが安全で効果的な 輸血を受けられるように、血液の発注、保管・管理、検査、記録、コンサルテーションなどの輸血業務を24時間体制で行っています。
 またより安全な輸血を目指して自己血外来を開設し、自己血の採血、調製、保管、患者さんへの処方や採血後の輸液に一貫して対応しています。さらに近年大量出血への止血効果が期待されるクリオプレシピテートの作成、血液疾患(特に悪性リンパ腫)の治療手段の一つである、自家末梢血幹細胞移植へのサポートも行っています。

症例実績

血液製剤使用状況

 年次別の血液製剤使用状況と自己血輸血患者の推移です。血漿製剤は使用量が漸減していましたが2015年はやや増加しています。腎移植患者の血漿交換が増えた為と思われます。赤血球製剤は横這い、血小板はやや増加傾向にあります。自己血輸血患者は適応疾患の変化により減少しています。

輸血患者の年齢構成

 輸血患者の年齢構成の変遷です。年々高齢化しています。2015年は71歳以上の患者がついに半数を超えました。この傾向はさらに加速する者と思われます。

赤血球、アルブミン使用量と使用比率の推移

 適正な輸血の指標の一つである、赤血球製剤とアルブミンの使用比率の推移です。
 アルブミン/赤血球(A/R)の比率が2.0未満が適正輸血の目安とされています。
 2007年以降は継続して2.0未満をキープしています。

赤血球、血漿の使用量と使用比率の推移

 適正な輸血の指標の一つである、赤血球製剤と血漿製剤の使用比率の推移です。血漿/赤血球(F/R)の比率が0.54未満が適正輸血の目安とされています。2001年以降,継続して0.5未満をキープしています。

手術実績

※手術実績はありません。

学会発表・論文など

※2015年4月1日~2016年3月31日の実績です。

講師派遣

著書・論文

外来体制

※外来診療は行っておりません。

所属医師

鷹野 壽代

中央臨床検査センター長/輸血科診療部長
鷹野 壽代たかの ひさよ

出身大学
九州大学
卒業年
1980年
専門医等の資格
  • ・日本輸血・細胞治療学会認定医
  • ・日本臨床検査医学会 臨床検査専門医
  • ・日本臨床検査医学会 臨床検査管理医
  • ・麻酔科標榜医
学会役員等
  • ・日本輸血・細胞治療学会評議員
  • ・日本輸血・細胞治療学会 九州支部会評議員
  • ・日本自己血輸血学会 評議員
  • ・日本臨床検査医学会 評議員
  • ・日本臨床検査医学会 九州支部会評議員
  • ・福岡県献血推進協議会委員
  • ・卒後臨床研修評価機構 サーベイヤー
専門・研究分野
  • ・輸血医学
  • ・輸血管理
  • ・自己血輸血

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • 保健医療経営大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ