• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

腎移植について

献腎移植をご希望の方

初めての献腎移植登録方法

▼献腎登録の流れ

  • 1. 移植外科の外来で各種検査・医師の診察を受けていただきます
  • 2. HLA検査を受けていただきます
  • 3. 日本臓器移植ネットワークへ登録料の振込みをおこなっていただきます
    ※登録料:初回の方は30,000円です
  • 4. 諸手続き完了後、日本臓器移植ネットワークから登録証が申請者に届きます
    ※登録料の支払いが完了しないと登録完了となりませんので、ご注意ください

▼初回外来の予約方法

 患者さん本人からの直接の予約は承っておりません。献腎移植の登録に関する初回の外来は、現在通院中の医療機関を通してご予約の上、受診いただきますようお願いいたします。  

 

 ※対象患者さんが通院されている医療機関の先生方へ
 献腎移植の登録に関する外来は、毎週木曜日の13時からと14時からの2枠ございます。外来予約は、地域連携推進室の予約コールセンター(0120-78-1035)をご利用ください。コールセンターの詳しい利用方法はこちらをご確認ください。  

▼初回受診時

  • 1. 予約日時に現在通院中の医療機関からの診療情報提供書(紹介状)と外来予約確認票、健康保険証、献腎登録問診票を持参の上、外来診療棟1階の紹介受付にお越しください。
    • ※ 献腎登録問診票はプリントアウトし、患者さんまたは現在通院中の医療機関の医師が必要事項を記入したものをご持参ください
    • ※ 過去半年から1年以内に実施した各種検査結果(採血、心臓超音波検査、腹部超音波検査など)があれば、一緒にご持参ください
    • ※ 外来受診の流れや施設配置図などはこちらをご覧ください
  • 2. 医師の診察などを受けていただき献腎移植の登録が可能と判断されたら、HLA検査の予約手続きと登録手続きを進めていきます
    • ※ HLA検査はドナーとの相性を調べる検査で、採血をおこないます
    • ※ 採血日は月~木曜日(祝日除く)の午前中です
    • ※ HLA検査の費用はこちらをご覧ください
年1回の登録更新方法

 年に1回、移植施設の受診、更新用紙の郵送、更新料(5,000円)の支払いが必要です。
 初回登録日から1年を過ぎた3月末が最初の更新の時期です。登録期間が10年を超えると、レシピエント候補として選択される可能性が高くなります。年1回はがん検診や心エコーなどの検査を必ず受診しましょう。
 手続き未完了のまま更新期限を過ぎると、手続き完了するまでは移植の候補の対象外となります。また、2年間更新手続きを行わなかった場合、登録は取り下げとなり、再移植を希望される場合は改めて移植登録(新規登録料30,000円)の手続きが必要となります。その場合、累積待機に日数は0日となりますのでご注意ください。

▼更新手続きの流れ

  • 1. 年に1回(毎年1~3月頃)日本臓器移植ネットワークより登録更新のお知らせ(更新用紙)が届きます
  • 2. 移植外科外来を受診し、更新の可否についての評価を確認します
    • ※ 原則、前年の受診時に次年の外来予約をおこないますので、予約日時に移植外科外来を受診してください
    • ※ 外来予約をされていない方は、月~土曜(祝日除く)の14時~16時に移植外科外来(Aブロック)にお電話いただき、「献腎登録更新の診察」と伝え予約をとった上でご来院ください
  • 3. 日本臓器移植ネットワークへ更新料(5,000円)をおこなっていただきます
    • ※郵便局またはコンビニから振り込みます
    • ※生活保護世帯、非課税世帯の方は免除手続きをおこなってください
  • 4. 腎臓移植では採血(血清の交換)が必要です。採血の時期になると採血容器が郵送されますので、透析施設にて採取し、同封の封筒で返送してください
移植施設の変更方法

 すでに別の医療機関で献腎移植の登録をおこなっている方で、当院での移植を希望される場合は、移植施設の変更手続きが必要です。

▼移植施設変更の流れ

  • 1. 現在登録中の移植施設より当院移植外科に連絡いただき、受け入れの可否をご確認ください
  • 2. 受け入れが可能な場合は、現在通院中の医療機関を通して予約の上、移植外科外来を受診してください。外来予約の方法は「初めての献腎移植登録方法」をご参照ください
  • 3. 移植外科外来受診後、日本臓器移植ネットワークに変更・取消用紙を提出します
  • 4. 変更手続きが完了したら、本人宛てに登録変更の連絡が入ります
登録にかかる費用

▼HLA検査料(自費)
 移植に備えた登録のためのHLA検査料として、25,000円(振込手数料別)を福岡赤十字病院へお振込みいただきます。HLA検査は福岡赤十字病院で実施されます。当院より検体を郵送しますので、郵送などに係る費用として、500円(税込)を当院窓口にて別途お支払いいただきます。
 福岡県在住の患者さんについては、福岡県補助により3,000円のお支払いになります。患者さんの透析施設が透析医会所属の場合は、1,000円のお支払いになります。その他、各自治体の助成がある場合がありますので、お住まいの自治体にお問い合わせください。

▼医師による診察・検査
 移植登録・更新にあたって、医師による診察・検査等の費用がかかります。原則健康保険を利用しての実施となりますので、健康保険の負担割合でのお支払いとなります。

▼移植希望登録・更新料金(献腎移植)
 日本臓器移植ネットワークへ初回登録料として、30,000円(振込手数料別)をお振込いただきます。また、年に1回更新料として、5,000円(振込手数料別)のお振込が必要になります。

生体腎移植をご希望の方

※準備中

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
このページの上へ