• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

循環器センター

1.所属診療科・部署

 循環器内科、心臓血管外科、小児循環器内科

2.センターの特徴・取り組み

 当センターでは、循環器疾患の診療を専門とする内科、小児科および外科の医師が共通の外来診察室あるいは同じ一つの病棟で、通常の診察から救急診療までそれぞれの専門的立場から協力を行いながら、24時間体制で切れ目のない良質で、高度の医療を提供しています。対象疾患についても幅広く虚血性心疾患、不整脈疾患、心不全、大動脈疾患、先天性疾患のみではなく、これらの疾患の原因となる高血圧や睡眠時無呼吸など幅広く扱っています。各科の連携がスムーズであるため診断から治療まで、あるいは入院から退院までが円滑で迅速に行われています。また、入院直後から退院まで積極的にリハビリテーション介入を行っており、より早期の、そして、より高いレベルでの社会復帰に努めています。また、心不全患者の予後改善の指導のために循環器教室を開設、心不全の患者さんの生活の質を改善するカンファレンスなども定期的に行われています。高齢化社会の到来に伴って患者さんの高齢化および重症化が著しいことから、患者さんに優しい検査や治療を行うことを第一としており、あらゆる心臓病や不整脈の診断においては、従来行われている心エコー、マルチスライスCTやMRI検査などとともに今後は冠動脈の虚血の有無を確認可能なFFR-CTなどの新しい低侵襲の検査を導入する予定です。また、治療においては、ハイブリッド手術室を使用してステント治療や非手術的な欠損孔閉鎖術、不整脈に対する焼灼術など低侵襲のカテーテル治療を積極的に行っています。また、最近、冷却材で不整脈を起こす原因を治療するクライオアブレーションも始めました。内科、外科や小児科の医師をはじめ麻酔科医、臨床工学技士、看護師がそれぞれの立場から連携を取りながら患者さんにとって最良の治療が受けられるように努めています。

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ