• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

中央臨床検査センター

所属診療科・部署

概要

 中央臨床検査センターは、病理診断科、輸血科、臨床検査室で構成され、その名の通り、画像と内視鏡以外の臨床検査(検体検査、生理機能検査、微生物検査、細胞診、輸血検査等)と病理組織診断、輸血業務の一元管理を担っています。
 スタッフは、医師5人(病理診断科4人:うち1人は兼任、輸血科1人)、臨床検査技師64人、事務員2人の計71人です。 臨床検査室は生化学・免疫・輸血検査、血液・染色体・遺伝子検査、微生物検査、病理細胞診・一般検査、生理検査の5部門より構成され、それぞれの検査に精通した検査技師により業務が遂行されています。
 病理診断科と輸血科は専任医師を中心とした独立した運用形態で、検査室より常時スタッフを送り込む形態を取っています。
 中央臨床検査センターは、常に地域医療支援病院として、患者さん中心の医療に基づく just in timeの臨床検査と手厚い診療支援を基本理念に掲げ、それを推進してきました。中でも聖マリア病院設立の当初より総力を注いできた緊急検査体制においては、臨床側の要望に十分対応できる24時間緊急検査システムと外来部門中央採血迅速検査システムが稼働しています。現在臨床検査室では、急性期医療に必要とされる100項目以上の臨床検査について、医師の検査オーダーから採血・採尿の時間を含めて平均30~60分で結果を提供しています。
 また、当センターは2007年に、臨床検査室の品質と能力に関する特定国際規格であり、人の血液・尿・組織などの検査を実施する機関向けに制定されているISO15189(International Organization for Standardization)の認定を取得し、検査技術の積極的な維持向上と、精度の高い検査結果を提供することを常に心掛けています。検査技師一人一人が自己研さんに努めており、業務力量が認められた検査技師によって、患者さんに質の高い信頼できる検査データを提供しています。

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ