• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

放射線治療科

診療内容・診療目標

人員

 常勤専門医1人、診療放射線技師3人(兼任5人、うち認定技師2人)看護師2人(兼任、うち認定看護師1人)、看護助手1人の人員構成。

保険診療が基本のチーム医療

 心身のみならず経済的負担にならないよう放射線治療は「安い(保険診療)、早い(総治療期間を短く)、きつくない」を基本にしています。全悪性腫瘍が対象で「根治から延命・緩和まで、入院でも外来でも柔軟に対応」できます。異業種専門職によるチーム医療としては専門医による創意工夫、認定技師による精度管理、認定看護師を配置したきめ細かいケアを中心に総合病院ならではの部門横断的ソフトパワーによる保険診療を可能にしています。

診療内容

 早期がんから進行がん・末期がんまで、照射方法の選択と線量の処方がなされ、毎回の照射の際の再現性の担保のため頭頸部固定シェル作成や乳房照射の固定具、腹部骨盤の形状記憶固定具使用による体外座標軸の精度管理や治療寝台同軸CTによる骨照合・病巣照合などの体内座標軸による位置情報の再現性の担保にも努めています。口腔内処置やマウスピース作成は口腔外科との医科歯科連携を進めています。
 ラルスは筑後地区では当院のみに設置されており、子宮がんや直腸がん、食道がん、口腔がん、胆管がんのほか、乳がんや皮膚がんにも使用します。局所制御は強力で、難治例に対しても止血・除痛や閉塞の開放が可能です。前処置からアプリケーター挿入、後処置まで一貫して放射線治療科チームで行います。

診療目標

 良質な医療の安定供給が目標です。多くの施設が重装備のハイテク体外照射装置を導入する中、時代の趨勢に乗りつつも近接照射ラルス、高気圧酸素、過酸化水素水処置、温熱リハビリなどによる技術的差別化を行っています。そういう意味でも一例一例を大切にし、「上手に治す、癒やす」という職人芸・匠の技を心掛けています。進行がん・再発例が多く、その分治療も「粘り強く闘い、潔く撤退する」ことを心掛けています。

装置のご紹介

 放射線治療科では、さまざまな症例に応じて、外照射装置リニアック、腔内組織内照射装置ラルス、治療計画用CT、治療計画装置RTPの各1台を使って治療を行っています。
 原発巣、転移巣の治療や疼痛緩和などの治療を行うことで、患者さんのQOL(生活の質)を高めることができます。

リニアック リニアック

ラルス ラルス

外部放射線治療装置(リニアック)

 当院の外部放射線装置は、2種類のX線と5種類の電子線での治療ができます。
 疾患に応じて放射線治療のエネルギーを選択でき、多方向から治療をすることで、病巣に放射線を集中することができます。
 本装置のマルチリーフコリメーター(MLC)は、緻密で再現性の高い不整形照射野を形成し、正常組織の放射線量を減らすことで、放射線による副作用を少なくすることができます。
 マウスピースに体動監視用の素子を取り付け、赤外線カメラで照射中心座標を決定し、照射位置を調整しながら治療を行う脳定位照射(スカルペルシステム)もあります。頭部固定用のピンを打たないため、体に負担の少ない治療ができます。

脳定位照射(写真:脳定位照射)

 肺転移などの小さな病巣に対し放射線を多方向から集中させ治療する肺定位照射もあります。手術ができない高齢の患者さんなどに適しています。

肺定位照射(写真:肺定位照射)

密封小線源治療装置(ラルス)

 放射線を出力している小線源が±1mmの精度で装置より送り出され、計画装置で算出した時間、線源位置を制御して照射を行う装置です。
 子宮腔内照射では、アプリケータを挿入し、病巣近くに小線源を移動させて病巣に放射線量を集中させることができ、膀胱や直腸などの正常組織への負担を軽減できます。胆管、舌の組織内照射にも使用できます。

子宮内治療線量分布図1

子宮内治療線量分布図2

(写真:子宮内治療線量分布図)

取り扱う主な疾患

 ガイドラインに沿った脳腫瘍や肺がんの定位照射や化学放射線療法(肺がん、消化器がん、子宮頸がんなど)による一次的根治症例、また地固め照射・予防照射(リンパ腫・乳がんなど)のほか、除痛・止血・圧迫解放(4B:Bone&Brain meta, Bleeding性器出血や下血などの腫瘍出血、 Blockade脊髄麻痺や上大静脈症候群・食道通過障害)といった緩和症例も多い傾向にあります。とりわけ骨盤(子宮・直腸)領域が集中しています。また、血液疾患の骨髄移植を前提とした全身照射もあり、時間的・空間的に多様な照射方法(多分割・低線量率・超遠隔照射)を採用し有害事象の軽減に努めています。さらに良性疾患では形成外科からのケロイド術後(ピアス後の耳介、交通事故や切開創部)の再発予防照射も多く術後の迅速な電子線照射も細心の注意(照射方法の最適化)を払って行っています。バセドウ病突眼症の眼球後照射もあります。

症例実績

  

手術実績

※手術実績はありません。

学会発表・論文など(2019年度)

外来体制

診察ブロック
D
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前
  • ・平田 秀紀
-
  • ・平田 秀紀
-
  • ・平田 秀紀
-
診察ブロック
D
午前
月曜
  • ・平田 秀紀
火曜 -
水曜
  • ・平田 秀紀
木曜 -
金曜
  • ・平田 秀紀
土曜 -

*診療受付時間は8時30分~11時30分まで。診察開始は9時からです。
*夜間救急は地域医療支援棟1階で受け付けます。

所属医師

平田 秀紀

先進メディカルセンター長/放射線治療科主幹
平田 秀紀ひらた ひでき

出身大学
九州大学
卒業年
1977年
所属医局
九州大学臨床放射線科学分野
学位(取得大学)
医学博士(九州大学)
専門医等の資格
  • ・日本医学放射線学会放射線治療専門医
  • ・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
  • ・緩和ケア研修会修了
学会役員等
  • ・日本医学放射線学会 小線源治療部会顧問幹事
  • ・国際癌治療増感研究会 理事
専門・研究分野
  • ・放射線腫瘍学

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ