• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

診療放射線室

概要

 診療放射線室は、最新の医療機器と検査技術を駆使し、24時間体制の救急診療を含め高度な放射線診療業務に従事しています。検査技術や疾患に関する専門的知識の向上のため、研究や勉強会の開催、各種認定資格取得を行い、医療の質の向上を目指しています。また、安全・安心な医療サービスを提供するため、部門内に放射線管理、医療安全、QI活動の専門チームによる医療の質改善活動の取り組みを積極的に行い、患者さんが安心して検査を受けられる体制をとっています。地域医療に貢献すべく、質の高い医療の提供が目標です。

人員構成

 診療放射線技師44人、受付事務2人、助手1人が在籍。診療放射線技師は一般撮影、透視・造影、CT、MRI、血管造影・心カテ、放射線治療、核医学検査に配置され、放射線診療業務を行っています。また、聖マリアヘルスケアセンターの一般撮影とCT検査、検診業務のため、午前4人、午後1人を派遣しています。

画像診断機器について

 3.0TMRI装置や256列面検出器CT装置、ハイブリッド血管造影装置をはじめ多数の医療機器を所有し、診療科からの検査や治療のニーズに対応しています。またクライアント方式のサーバー型画像解析ワークステーション(SYNAPSE VINCENT)を導入し、救急室、手術室、外来の一部、読影室、 各科のカンファレンス室の電子カルテ端末で、画像を3次元画像・薄いスライス画像・解析画像が作成可能な環境を構築し、読影や手術・治療方針の決定など診療に大きく貢献しています。

2020年度活動実績

機器更新

 装置の更新計画に基づき、256列CT装置(Revolution CT:GE)、放射線治療計画用CT装置(Aquilion Lightning:CANON)、移動型X線撮影装置(MOBILETT XP Hybrid: SIEMENS)2台を更新し、検査の安全を確保、診断能および検査技術向上に努め、地域医療機関との高額医療機器の共同利用も促進しています。特にRevolution CTに更新したことで、Dual energy撮影、Deep learning機能による、さらなる診断機能の向上、造影剤使用量低減などが可能になりました。

技師の育成・要員の質の維持

 放射線治療担当者1人と検診業務担当者1人をISO教育マネジメント(特定業務認定資格制度)に基づき力量評価を実施し、担当者確保のための教育を実施。また、その他要員についても同制度に基づく力量評価を実施し要員の質を維持しています。

ISO9001ならびにQI活動による業務改善

 ISO関連の手順書の作成と改訂による業務改善を実施。QI活動は患者間違い防止とその波及効果を狙い指差呼称の徹底を実施し定着を図りました。

チーム医療のための情報発信

 新型コロナ感染症拡大防止のため十分な勉強会開催はできない中、当部署主催の院内向け勉強会は7回開催しました。

放射線および機器の管理業務

 画像診断装置日常・定期点検、放射線漏えい線量測定、画像診断モニター精度点検、放射線治療装置精度管理、放射線治療施設点検、マンモ・胸部X線撮影検診精度管理を実施。

部門内チーム活動

 医療安全管理、MRI検査安全管理、急変時対応、医療放射線管理、各部門QI活動

検査・治療件数(健診含む)

  • ● 一般撮影:120,053件
  • ● 透視・造影:8,772件
  • ● CT:39,680件
  • ● MRI:11,221件
  • ● 核医学検査(PET-CT含む):1,350件
  • ● 心臓カテーテル(IVR含む):1,018件
  • ● 血管造影(IVR含む):842件
  • ● 放射線治療(腔内治療含む):5,348件
  • ● 院外検査依頼:1,395件

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ