• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

感染症科

診療内容・診療目標

 感染症科は2020年度より現体制になりました。当科は院内コンサルテーションを中心に診療を行っています。また、多職種から構成される抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)やICT(感染対策チーム:Infection Control Team)の一員としての業務も行っています。

1.感染症コンサルテーション

 院内の全診療科を対象とした感染症コンサルテーションを行っています。各診療科から電話一本で気軽にコンサルトしていただき、できるだけ迅速に対応するように心掛けています。コンサルトの内容は診断、検査、治療などさまざまです。

2.抗菌薬適正使用支援

 ASTの活動で院内の抗菌薬の適正使用を推進し、薬剤耐性菌の拡大防止を目指します。広域抗菌薬が使用されている症例、血液培養が陽性となった症例、薬剤耐性菌が検出されている症例などをモニタリングし、必要時に助言を行います。2021年1月から、ピペラシリン/タゾバクタムとカルバペネム系抗菌薬の長期投与例(7日間以上の使用)に対する回診を行っています。

3.院内感染対策

 感染制御科や感染管理認定看護師と連携し、院内感染対策に努めています。ICTの活動では定期的に病棟巡回を行い、現場での院内感染対策が正しくできているかを確認しています。針刺し切創後のフォローアップ、職員を対象としたワクチン接種なども行っています。

       

取り扱う主な疾患

 中枢神経系感染症、頭頸部感染症、呼吸器感染症、循環器・血流感染症、腹部感染症、尿路・泌尿器感染症、性感染症、骨・関節感染症、皮膚軟部組織感染症、発熱性好中球減少症、免疫不全の感染症、敗血症性ショックなど、感染症全般を取り扱います。

症例実績

 2020年度感染症コンサルト件数:270件
 2020年度抗菌薬適正使用支援件数:230件

手術実績

※手術実績はありません。

学会発表・論文など(2020年度)

外来体制

※外来診療は行っておりません。

所属医師

迫田 頼武

感染症科臨床部長
迫田 頼武さこだ よりたけ

出身大学
佐賀大学
卒業年
2007年
専門医等の資格
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本呼吸器学会指導医
  • ・日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • ・日本感染症学会感染症専門医
  • ・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
  • ・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • ・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ・日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
  • ・日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
  • ・インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • ・緩和ケア研修会修了
専門・研究分野
  • ・呼吸器感染症

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ