• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

脳血管内科

診療内容・診療目標

 わが国では急速な高齢化に伴って、脳卒中が急速に増加し続けています。その脳卒中の約7割を占めているのが脳梗塞で、その緊急治療は近年目覚ましい発展を遂げ、たとえ重症であっても、完治や後遺症を軽減することができるようになりました。しかしながら、地域によって大きな治療格差が存在し、現在も全国的な診療体制の整備が急務とされています。当院は、筑後地域の1次脳卒中センター中核施設として、いち早く施設認定を受け、24時間・365日いつでも迅速な治療が可能な体制を整えています。2020年度は559人の方が急性期脳梗塞で当科に緊急入院され、中等~重症例に対して行われる緊急再灌流治療を96人(アルテプラーゼ静注療法76人、機械的脳血栓回収術を含む緊急カテーテル治療41人)に実施することができました。たとえ重症脳梗塞であっても緊急カテーテル治療を行うことで、今やおよそ半数の方が良好に回復され、社会復帰/在宅復帰を果たしておられます。このような急性期脳梗塞に対する緊急再灌流治療は、まさに時間との勝負です。ですから市民の皆さまには、顔や手足のまひ、言語障害などの脳卒中が疑われる症状が急に出現した場合には、直ちに救急車を呼んで脳卒中センターを受診していただきたいと思います。その他にも、脳梗塞の再発予防効果が証明されている、頸動脈ステント留置術などの慢性期カテーテル血行再建治療も16例で実施し、93%の方で合併症なく手術は成功しています。
 もちろん脳卒中だけでなく、当院ではあらゆる脳神経救急疾患の検査・治療も行っています。昨年は総計890人の方が当科に入院され、その約9割が緊急入院でした。頸動脈や心臓超音波検査、頭部CTやMRI、脳血流SPECT、脳血管造影などの画像検査、脳波や神経伝導・筋電図などの電気生理検査など、充実した専門的設備を駆使して、適確な診断と治療を実践しています。

取り扱う主な疾患

 脳卒中(急性期脳梗塞以外も含めると602人)に次いで多かったのは、けいれん発作/てんかん(84人)、めまい症(41人)、中枢神経感染症(27人)でした。高齢化に伴って、高齢者や脳卒中後のてんかんも増えています。内科疾患等に伴う意識障害、中枢神経脱髄性疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎、横断性脊髄炎、急性散在性脳脊髄炎)、免疫介在性ニューロパチー(ギラン・バレー/フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなど)がそれに続き、パーキンソン病、アルツハイマー/レビー小体型認知症、中枢神経悪性リンパ腫などの脳腫瘍、ミトコンドリア病、肥厚性硬膜炎、神経サルコイドーシス、POEMS症候群、重症筋無力症、抗NMDA受容体抗体脳炎、橋本脳症、筋萎縮性側索硬化症、クロイツフェルト・ヤコブ病など、国民病の脳卒中から神経難病や希少疾患まで含む、非常に多彩な脳神経疾患の診断・治療を行っています。

症例実績

※手術実績をご覧ください。

手術実績

  • ・急性期脳梗塞に対する緊急再灌流治療:96例(重複あり)
  • ・アルテプラーゼ静注血栓溶解治療:76例
  • ・緊急カテーテル再灌流治療:41例(重複あり)
  • ・機械的血栓除去術:35例
  • ・頭蓋内血管形成術:4例
  • ・頭蓋内ステント留置術:1例
  • ・局所動注頭蓋内血栓溶解治療:5例
  • ・慢性期カテーテル血行再建治療:15例(重複あり)
  • ・頸動脈ステント留置術:13例
  • ・ステント留置術(椎骨動脈・鎖骨下動脈):1例
  • ・頭蓋内血管形成術:1例
  • ・頭蓋内ステント留置術:1例

学会発表・論文など(2020年度)

外来体制

診察ブロック
A
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前
  • ・担当医
  • ・福田 賢治

    *再診のみ

  • ・松下 知永
  • ・担当医
  • ・担当医
  • ・松下 知永
  • ・福嶌 由尚

    *再診のみ

  • ・担当医
診察ブロック
A
午前
月曜
  • ・担当医
火曜
  • ・福田 賢治

    *再診のみ

  • ・松下 知永
水曜
  • ・担当医
木曜
  • ・担当医
金曜
  • ・松下 知永
土曜
  • ・福嶌 由尚

    *再診のみ

  • ・担当医

*診療受付時間は8時30分~11時30分まで。診察開始は9時からです。
*夜間救急は地域医療支援棟1階で受け付けます。

所属医師

福田 賢治

脳神経センター長/初期臨床研修プログラム副プログラム責任者
福田 賢治ふくだ けんじ

出身大学
佐賀医科大学
卒業年
1992年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室/久留米大学内科学講座心臓・血管内科部門
学位(取得大学)
医学博士(九州大学)
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
  • ・プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
  • ・プライマリ・ケア連合学会指導医
  • ・緩和ケア研修会修了
学会役員等
  • ・日本脳卒中学会評議員
専門・研究分野
  • ・急性期脳梗塞と血圧変動
福嶌 由尚

救命救急センター副センター長/脳血管内科診療部長
福嶌 由尚ふくしま よしひさ

出身大学
九州大学
卒業年
1997年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本神経学会神経内科専門医
  • ・日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • ・日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
専門・研究分野
  • ・脳卒中
  • ・神経内科
  • ・脳神経血管内治療
松下 知永

脳血管内科主任医長
松下 知永まつした ともなが

出身大学
九州大学
卒業年
2002年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
学位(取得大学)
医学博士(九州大学)
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本脳卒中学会脳卒中専門医
専門・研究分野
  • ・脳卒中
  • ・神経内科
  • ・分子遺伝学
松木 孝之

脳血管内科医長
松木 孝之まつき たかゆき

出身大学
九州大学
卒業年
2008年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • ・日本脳神経超音波学会超音波検査士
専門・研究分野
  • ・脳血管障害
田中 淳

田中 淳たなか じゅん

出身大学
佐賀大学
卒業年
2008年
所属医局
佐賀大学医学部神経内科
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本内科学会総合内科専門医
  • ・日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • ・日本神経学会神経内科専門医
  • ・日本神経学会指導医
  • ・日本認知症学会専門医
  • ・日本認知症学会指導医
  • ・医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
金沢 信

金沢 信かなざわ まこと

出身大学
長崎大学
卒業年
2012年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・日本脳神経超音波学会超音波検査士
  • ・医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
古賀 統之

古賀 統之こが のりゆき

出身大学
九州大学
卒業年
2014年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
木附 信二

木附 信二きつき しんじ

出身大学
九州大学
卒業年
2015年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
専門医等の資格
  • ・日本内科学会認定内科医
  • ・緩和ケア研修会修了
新田 朋彦

新田 朋彦にった ともひこ

出身大学
福岡大学
卒業年
2016年
所属医局
九州大学病態内科学脳循環研究室
専門医等の資格
  • ・緩和ケア研修会修了

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ