• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院
    •  電話・メール  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

胃疾患

担当スタッフ

 青柳武史、廣方玄太郎

診療内容及び診療目標

 胃グループは主に胃がん診療を行っています。消化器がんは手術のみではなく、化学療法、放射線療法による集学的治療が必要となります。治療は各がんガイドラインに沿い手術、集学的治療を行っております。また、日本内視鏡外科学会技術認定医が在籍しており、低侵襲手術とされる内視鏡下手術も積極的に導入しております。75歳以上の患者さんでは全手術件数の約35%を内視鏡下手術が占めており、高齢の患者さんにも安心して手術を受けていただけます。

当院での胃がん手術の現状

 当院では、年平均65例の胃がん手術を行っております。手術症例の約半数をステージIが占めており、次がステージIV(21.4%)となっております。また、75歳以上の手術件数は全体の約30%を占めております。今後は高齢者胃がんが増加することが予想されます。ステージIVでは化学療法が治療の主体となりますが、手術症例の約20%は腫瘍による出血と通過障害の回避目的に緩和手術(胃切除術もしくはバイパス術)を行っております。一方でクリニカルステージIに対しては腹腔鏡手術を行っております。

当院での腹腔鏡手術の推移

 「胃癌治療ガイドライン第4版」では「幽門側胃切除術が適応となるクリニカルステージI症例で、腹腔鏡下手術は日常診療の選択肢となりうる」とされております。当院では2007年より腹腔鏡補助下幽門側胃切除術を導入しております。年々症例数は増え、2013年より消化管再建まで鏡視下で行う完全腹腔鏡下胃切除術に移行しております。

ロボットによる胃がん手術

 2017年7月には手術支援ロボット「ダビンチXi」を導入し、ロボットによる胃がん手術を実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

取り扱っている主な疾患

 胃がん、消化管間質腫瘍(GIST)

実績

胃がんの5年生存率

 こちらをご覧ください。

上部消化管の総手術症例数 計66例(2020年)

 Clavien-Dindo分類GradeⅠ~Ⅱの軽度の合併症は14.3%に認め、創感染、腹腔内膿瘍、術後出血などでした。
 Clavien-Dindo分類GradeⅢ~Ⅴの高度の合併症は9.5%に認め、縫合不全、腹腔内膿瘍などでした。

HOME

診療科・部門のご紹介

  • 聖マリア学院大学 学生募集
  • NPO法人 ISAPH
  • NASVA
  • Minds
  • 筑後感染ネットワーク
  • iサイクル
  • 日本臓器移植ネットワーク
このページの上へ